副業を探している主婦におすすめのチャットレディ!こちらでは、安心して仕事ができる安全なチャットレディの求人情報をご紹介しています。チャットレディがはじめての方でも稼げるように仕事のやり方、稼ぐコツ、みんなの体験談も掲載しています。在宅で空いた時間にできるチャットレディをお探しの方ぜひご覧ください。

副業が勤務先にバレる原因は何があるの?

      2016/10/13

副業は会社で禁止されている

就職はしたは良いけど思ったようにはお給料が上がらないと言ったOL、会社員の方は多いと思います。
足りない時はつい副業したくなりますが、会社の多くで副業が禁止されています。

もしバレると最悪のケースでは解雇もあり得ます。
会社に重大な損害を与えてしまうと訴訟を起こされる恐れもありますので注意が必要です。

チャットレディの副業が会社にばれたらどうなる?

ここでは、チャットレディ(副業)がバレる原因についてまとめてみました。

同僚からバレる

会社に副業がバレる原因として一番多いのが同僚からです。
チャットレディで大きく稼げたからと言って安易に会社の同僚に自慢してしまうと、その同僚から話が広がって上司の耳に入りかねないです。
口の堅い同僚でもチャットレディで稼いでいるのだから食事をおごれとあてにされる可能性もあります。

仕事でミスをするとチャットレディに気を取られているからだと言われかねないので会社の同僚には副業で稼いでいることは話さないほうが良いです。

検索した際にバレる

その他にバレる原因としてはインターネットで検索した際にご自身の名前が出てきたときです。
ネットショップなどで副業している場合は販売者の名前を記載していないと顧客が不安に感じるのでご利用しなくなってしまいます。
しかし名前を記載していると検索した際にヒットしてしまい会社にバレる恐れがあります。

年末調整でバレる

さらにバレる原因としてありがちなのが年末調整です。
チャットレディで稼いでいると住民税が増額されます。
同じようなお給料を貰っている他の社員と比べられた際に、住民税が多いと何らかの副業で稼いでいると会社にバレる恐れがあります。
会社から天引きで住民税を納めているとバレやすいので注意が必要です。
会社員になると特別徴収と言う方法で住民税を納めます。
これは会社員を雇っている事業主側がその会社員のお給料の中から天引きして代わりに納めると言う形です。

チャットレディは確定申告しないといけない?

普通徴収で納めてバレるのを回避

黙っていれば分からないのではと思われるでしょうが、稼いでいるとバレる可能性があります。
チャットレディによる収入は雑所得に当たります。
雑所得には所得税と住民税があります。
このうち住民税は会社から貰っているお給料と、チャットレディとして稼いだ報酬で税額が決まります。
この住民税額が給与から天引きになっていると、他の社員よりチャットレディとして稼いだ報酬がある分だけ税額が増えている状態です。
会社側に比較されるとすぐに副業を行っているとバレてしまいます。

住民税を普通徴収に

これには給与からの天引きではなく、普通徴収と呼ばれる自分で納付するに替えると言う対策があります。
自分で納付すれば会社にチャットレディとして稼いだ分の住民税額が通知されることは殆ど無いのでバレずに済みます。
しかし副業の収入が給与所得となっている場合はこの対策は使えないことがあります。
市区町村によっては給与所得でも頼めば普通徴収にしてくれることがありますが100%では無いです。
できないと言われた時にはチャットレディの副業は諦めた方が無難です。
チャットレディの副業が必ず会社にバレずに済むと言う対策はありませんので注意して下さい。

会社にバレたくない場合は普通徴収で納めると言う方法があります。
これは副業で稼いだ分については自分で住民税を納めると言う方法です。
会社のお給料から天引きされている住民税の税額については変わりませんのでバレずに済みます。
都道府県や地方自治体によっては普通徴収をお断りされることがありますので事前に聞いておいて下さい。"

副業はバレるものか?

チャットレディをしている多くの方が気にしているのが副業をやっている事が勤務先にバレる事です。
確かにチャットレディをやっていると、場合によっては勤務先にバレてしまう事があります。

では、どういう事が原因でチャットレディをやっている事が勤務先にバレるのかというと、一番大きな要因は副業によって得られる収入が多い場合です。

それはどうしてかというと、多くの労働者は毎月の市民税を会社の給料から天引きで払っています。その市民税は前年の収入がどれだけあったかで
決まります。

つまりチャットレディによって得られる収入が多くて確定申告をしないといけないような人は毎月会社の給料から市民税が天引きされる時に前年の会社の給料だけだったら
あり得ない額の市民税を天引きされる事になってしまいます。それを会社の経理担当が見てどういう事だ思って調べればすぐに副業をやっていた事がバレてしまいます。

場合によっては何で前年の給料がこれだけしかないのに市民税がこんなに多くなっているのかと会社から聞かれる事もあります。
それで特に問題がないなら良いですが、絶対に会社にチャットレディをやっている事がバレたくないと思っているなら、チャットレディで稼いだ分を自分で確定申告をする必要があります。

そうすれば、市民税が不自然に多くなる事もないのでこっそり副業をやっていても会社にバレる事はないです。

マイナンバーで副業はバレるか?

最近はマイナンバーで副業をやっている事が会社にバレると思っている人も多いです。
確かにマイナンバーは脱税をさせない目的もあって創設されたものですがいくら会社が自分のマイナンバーの番号を把握していてもそれによって
会社にチャットレディをやっている事がバレる心配はないです。

なぜなら、会社が自分のマイナンバーの番号を知っていてもそれによって個人情報が筒抜けになる事はないからです。
逆にそんな事になったら大問題です。ですから、マイナンバー制度が始まったからと言ってそれで会社に副業がバレる事はないです。