副業を探している主婦におすすめのチャットレディ!こちらでは、安心して仕事ができる安全なチャットレディの求人情報をご紹介しています。チャットレディがはじめての方でも稼げるように仕事のやり方、稼ぐコツ、みんなの体験談も掲載しています。在宅で空いた時間にできるチャットレディをお探しの方ぜひご覧ください。

チャットレディは確定申告しないといけない?

   

確定申告は必要な人とは、給与を一か所からもらっていて、かつ給与以外の『所得』が年間20万円を超える場合に必要になります。

また、給与を2か所以上からもらっていて、本業ではない方の給与の『収入金額』と他の『所得』の合計が年間20万円を超えた場合にも必要になってきます。

ここで抑えておきたいことは、『収入』という言葉と『所得』という言葉の違いです。

『収入』に関してはわかりやすいかと思いますが、給与であれば、社会保険料や所得税、住民税等の控除前の金額であり、事業でいえば売上金額のことになります。

FXなどの金融商品に関していえば儲けた金額です。

対して、所得というのは、税務上の利益のことになり、給与の場合には給与所得控除後の金額(給与収入-給与所得控除額)になり、事業所得の場合には、収入金額から必要経費(税務上経費と認められる経費のこと)を引いたあとに残る金額のことになります。

チャットレディにかぎらず、たとえば、副業として何かネットで商品を販売をしていた場合、年間売上は100万円だが、仕入れや販売にかかった広告費等が全体で90万円かかっていたとすると、利益は売上100万円-90万円ですので、残りは10万円になります。

この利益が所得となります。

この収入と所得の言葉の違いを抑えておかないと、税金の話のほとんどが正しく理解できないことになります。

たまに、所得と利益が非常に似ているので、簡単に説明する時に、この2つの言葉が同じように使われているときも見かけます。

収入と所得、利益の言葉の使われ方に注意しながら、税金の説明文などを読むと理解が深まるってくるかと思います。

ところで、先ほどのパンの販売の例で、ネット販売以外は、一か所からの給与しかなった場合、給与以外の所得は10万円になるので、売上は100万円と20万円以上になりますが、確定申告は不要ということになります。

ただ赤字の場合には、給与所得と損益通算(給与所得から事業の赤字を控除できる)できる場合があるので、確定申告をした方が有利になることがあります。

チャットレディの場合、仕入れや広告費など支出はほとんどありませんので、報酬がそのまま所得になるでしょう。

もちろん、自宅ではなくホテルでチャットレディをした場合、ホテルの宿泊費を経費として計上することができます。

ほとんどの方が自宅でスマホを使ってチャットレディをしているため、チャットレディにかかる費用はそれほどありません。

それに、報酬は1ヶ月で20万円を超える方も多いと思いますので、
チャットレディをやっている方は確定申告が必要になると思います。

チャットレディは、それほど稼げるお仕事なんです。

チャットレディの税金、確定申告についてはコチラのサイトに詳しく説明があります。
チャットレディの税金&確定申告ガイド【決定版】