副業を探している主婦におすすめのチャットレディ!こちらでは、安心して仕事ができる安全なチャットレディの求人情報をご紹介しています。チャットレディがはじめての方でも稼げるように仕事のやり方、稼ぐコツ、みんなの体験談も掲載しています。在宅で空いた時間にできるチャットレディをお探しの方ぜひご覧ください。

チャットレディは所得税と住民税を払わないといけないの?

   

チャットレディというのは、会社に雇用されている労働者という形ではなくて、業務委託されている個人事業主という形になります。ですので、報酬を受け取る際には普通の会社のように源泉徴収はされません。

自分で確定申告を行わなければなりませんが、分からないからと放置してしまうと、延滞税や重加算税などの罰則的な税金を払わなければなりませんので注意しましょう。

マイナンバー制度が導入されたことによって、今まで以上に税金逃れは発覚しやすくなっていますので、国民の義務である納税をきちんと行いましょう。

所得税と住民税

チャットレディをしている場合、払わなければいけない税金として挙げられるのは、所得税と住民税の2つになります。

・住民税は課税所得金額の一律10%(所得割)+年額一律5,000円(均等割)で
・所得税は(課税所得金額) ×(税率)-(控除額)=(所得税額)という計算式になっていますが、課税所得金額によって税率や控除額が変動します。

所得税・住民税の計算方法 | 所得税・住民税簡易計算機

いくらくらい稼いだら確定申告が必要なのか

チャットレディを本業としていて、それ以外の収入がない場合は1年間の所得が38万円以上の場合は、確定申告の必要があります。

アルバイトや会社員などの他の仕事を持っていて、チャットレディを副業としている人の場合は1年間の所得が20万円以上は確定申告の必要があります。

所得というのは収入から必要経費を差し引いた金額のことで、自分の収入が40万円ある場合でも経費として25万円かかっているという場合は、確定申告しなくても大丈夫です。

ですが、これは自分では必要経費と思っていても、税務署は必要経費ではないと判断する場合もあるので不安に思うなら申告の必要がなくても、確定申告をしていた方が安心できます。

確定申告の提出期限は2月16日から3月15日までで、去年の1月1日から12月31日までの1年間の期間に対しての報酬が対象になります。

所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁

もし、12月にした仕事の報酬が次の年の1月に入金された場合は、 12月分ということになるので注意してください。

確定申告の青色申告と白色申告について