副業を探している主婦におすすめのチャットレディ!こちらでは、安心して仕事ができる安全なチャットレディの求人情報をご紹介しています。チャットレディがはじめての方でも稼げるように仕事のやり方、稼ぐコツ、みんなの体験談も掲載しています。在宅で空いた時間にできるチャットレディをお探しの方ぜひご覧ください。

チャットレディの副業が会社にばれたらどうなる?

      2016/10/13

会社のお給料だけじゃ足りないので副業したいと考えている会社員の方は多いと思います。
会社に勤務している人が副業し、それがバレると何らかの処分が下されることがあります。
それは会社の就業規則で副業が禁止されていることがあるからです。
副業に時間を取られ過ぎると仕事に悪影響が及ぶからと言う理由が一般的です。

チャットレディが会社にバレると解雇されるか

在宅でも働けるチャットレディを副業として考えている女性は多いでしょうが、会社の就業規則には副業禁止と書かれていることが多いです。
もし無許可で副業し、会社にばれたら最悪解雇される恐れがあります。
しかし余程のことが無い限り会社が解雇と言う処分まで下すことは少ないです。
それはすぐに解雇したら会社側に解雇権の乱用に該当する恐れがあるからです。

解雇される場合は

その代わりに副業に時間を取られて遅刻や欠勤が増えたり、ライバル社での副業で会社の技術やノウハウが流出する恐れがあったり、会社名や名刺を使用して副業したり、会社に悪影響が及びそうな場合は解雇される可能性があります。
チャットレディにはノンアダルトとアダルトがありますが、アダルトの場合は会社の品位が損なったなどの理由で解雇されることがあるので注意が必要です。

訓戒や戒告と言う処分

副業がバレると会社にもよりますが一番軽い処分なのが訓戒や戒告です。
訓戒では副業は行わないように口頭で注意されます。
戒告は公務員に対して下されるのが一般的です。

減給と言う処分

その次に重い処分なのが減給です。
減給では文字通り、お給料を減らされると言った処分となります。
せっかく副業でお金を稼いでも会社にバレて減給されてしまったのでは意味が無いです。
通常は1か月の給料が減る処分が下されますが、重くなると3か月や半年や1年と長くなります。

出勤停止や自宅待機と言う処分

その次に重い処分なのが出勤停止や自宅待機です。
一定期間、会社に出勤して働くことが許されなくなってしまいます。
その間に会社は調査を行います。
副業によって会社の重大な機密を外部に漏らしていないか会社のパソコンなどを徹底的にチェックします。
会社のパソコンを使って副業していたらすぐにどんな行為をしていたかバレてしまいます。

降格と言う処分

役職者である場合は降格処分が下されることがあります。
降格したらお給料も減りますし、降格処分が下されたことが社内中に知れ渡ってしまいます。
副業したことが原因で降格処分が下されたと会社側が発表することが多いので、あらぬ噂を立てられることは少ないです。

論旨退職や懲戒解雇と言う処分

特に重い処分なのが論旨退職、懲戒解雇です。
論旨退職では会社側から自主退職するように求められます。
話し合いの結果で解雇を受け入れることになりますが、退職金は支払されます。
しかし懲戒解雇では退職金は支払されないです。
競合他社で副業している場合は懲戒解雇があり得るので注意が必要です。
副業で懲戒解雇になることは無いだろうと軽く考えていると後で大変なので、なるべくお給料の範囲でやり繰りすることを考えた方が良いです。"