副業を探している主婦におすすめのチャットレディ!こちらでは、安心して仕事ができる安全なチャットレディの求人情報をご紹介しています。チャットレディがはじめての方でも稼げるように仕事のやり方、稼ぐコツ、みんなの体験談も掲載しています。在宅で空いた時間にできるチャットレディをお探しの方ぜひご覧ください。

チャットレディのデメリットとリスク

      2016/03/11

チャットレディは、自宅にいながら好きな時間にお金を稼げると言う事で、人気の副業です。しかしチャットレディと言うこの仕事にはやはりデメリットもあるので、これからやってみたいと思っている女性はそのあたりのリスクも含め検討すべきでしょう。

チャットレディはメリットはたくさんありますが、デメリットはないのか?

あえて言うなら、チャットしている時の時給は高いのですが、待機中は時給は発生しません。

タイミングが悪ければ、あなたがやる気があってもチャットの相手がいなければ稼ぎようがありません。

とはいえ会員数の多い人気サイトを選んでれば待機時間が長くて困るという心配はいりません。
とくに夜中や土日祝日は、ログインしている男性会員もたくさんいるので安心してください。

知人にバレる可能性があるのが一番のリスク

チャットレディはインターネットとパソコンを使って男性のお客さんとお話ししますので、知人にバレることがあると言うデメリットがあります。

チャットレディとして働く時は、自分で「ここまでは晒せる、ここまでは出来る」とリミットを決めて始めます。
アダルトのパフォーマンスが無理な女性はノンアダルト、身体を出す事に抵抗はないけれど顔だけは困る、などのように自分で線引きして条件にあったサイトを選び仕事をする事が出来ます。
顔を出していない場合は身元がばれる可能性は下がりますが、顔を出して出演している女性は常に「身バレ」の可能性がある事を忘れてはいけません。

スクリーンショットなどで写真を撮られ、サイトで「この女性を知っていますか?」と探されれば今の時代、かなりの情報が集まってしまうのが現実です。
実際に「本名と住所、出身校」などがネットの掲示板に書き込まれてしまった女性は何人もいます。

さらにパフォーマンスの様子をネットにアップされてしまったら?それがアダルトな内容だったら?考えただけで恐ろしいですよね。

顔を出して、過激なパフォーマンスをすればそれだけ高収入を得る可能性は広がりますがそれと同時にリスクを背負っている事を忘れないでくださいね。

顔出ししている場合は知っている人がチャットサイトにアクセスし、顔写真を見ればすぐに分かってしまいます。

ただし、顔出しNGにしていてもお客さんが知人だった時にすぐに分かってしまいますが確率的には非常に低いです。

レアケースなので大丈夫

チャットサイトは規模が小さいところから大きいところまで様々です。
そういったチャットサイトで働くチャットレディも様々なので、お客さんが知人だったと言うのはレアケースです。
しかし100%では無いので偶然が重なって知人がお客さんになる可能性は残っています。
特にチャットレディとして働いていることが知人に知られてしまっても構わないと言う人ならデメリットにはならないです。

苦手なお客さんともお話しするデメリット

その他にも苦手な男性のお客さんでもお話しないといけないと言うデメリットがあります。
人と人にはどうしても相性がありますが、相性が合わなくてもお話を合わせないといけないです。
しかしこのお客さんは合わないと思ったらNGにすることが可能なので大丈夫です。
インターネットとパソコンを介してお話しているだけなのでそれ程大きなデメリットにはならないです。

浪費癖が付くデメリット

チャットレディは平均するとおよそ時給3000円と高時給が期待できるメリットがありますが、このメリットはデメリットにもなります。
まずお金を使い過ぎてもまたチャットレディで稼げば良いと浪費癖が付く恐れがある点です。
金銭感覚がおかしくなると欲しいと思ったブランド服やブランドバック、高級腕時計などをすぐにクレジットカードで買ってしまいます。
固定客が付いていれば安定した収入が期待できるものの、新規客ばかりのチャットレディは収入が不安定になりがちです。
稼げる時は問題なく支払いができても、稼ぎが少なくなると支払いに困りかねないので注意が必要です。

精神的に不安定になる事がある

これはすべての人に言えるデメリットではありませんが、残念ながらお客さんの男性の中には、チャット嬢をいじめて泣かせたりするのが趣味と言う人もいます。

お客さんである男性はカメラに顔を映す必要も、マイクに向かって話す義務もないので、言いたい放題、書きたい放題です。
あまりにネガティヴな事を言われて、精神を病んでしまう女性も少なくないと言われています。
仕事は仕事と割り切ってやる自信がない方にはこれは深刻な問題なので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。